« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年4月26日 (木)

その国の言葉を知ることは・・・

その国の文化を知ることである






その国のワインを知ることは・・・






その国の国民性を知ることである。






いち、ソムリエとして






今までなんかいまいち、つかみきれてない感覚がもどかしくて






考えた結論が





”専門分野を決める”ということだった。






たくさんある国々の中から最終選考に残った国は








"France" or "Italy"






どちらも極めたい






ワインといえばフランスが王道






ワインといえばイタリア・・・という人もいるだろう







はたしてどちらがいいか・・・






多数決をとっても半々ぐらいだし






どうせワインを極める時はその言語も極めたい私としては







だいぶ考えた。






この、即決見切り発車タイプの私が珍しく優柔不断である・・・






いろんな思考が交差しながら今日行った○ムリエ協会のセミナーで






講師として招かれていたのは、イタリアワインを専門とする






49歳のソムリエ。






協会内でもだいぶ偉い。






コンテストでグランプリとか当たり前の世界の人。







うわぁ~と思いながら、お堅いセミナーにジーパンで行くとこ辺りがまだまだなのかもしれない







Photo_79






会が始まり、いつもなら講師が淡々と説明をする中テイスティングをするところをいきなり





今回はみなさんがどれだけ覚えているか、記憶をブラッシュアップするという意味も込めましてブラインドしたいと思います。






厳しいなぁ。やっぱり、その道を極めた人は・・・







と思ったのもつかの間







その人の口から







出てくる、出てくる、親父ギャグ






まじめな話を、ダ~っとしたちょっとした隙に





5種類全部のテイスティング用に目の前に並べられたワインを全部飲み干す





ボトルを全部目の前に並べて、手酌で





自分がもう飲みモードに入ってるのを告げながら





親父ギャグ飛ばしながら





まじめ~な話を、また淡々と。




それを必死にノートとるお堅い○ムリエ達






後部座席に座って、その滑稽なシーンを見ながら要点だけメモる私






”日本ノンベエ協会のみなさま~”とかいいよったしね





「この温度の違いを比べてみてください。温度とグラスの密接な関係が・・・」





とかまじめなことを言い始めたかと思うと





「試してみたい方は挙手を・・・






あっ、じゃぁ、女性の方に・・・






がははは。やっぱり僕は女性優先なんで・・・」






と、その姿はまさに、







イタリア人のおっちゃんでした・・・








その国のワインを知ることは






その国民に近づく事である。








う~ん







悩む日はまだまだ続く・・・




| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年4月25日 (水)

ははは・・・

今日レッスン中に




2歳児の男の子の口から





「○きこ先生っていい女やね~」





って言われて耳を疑ったchateaumakiです、こんばんは。





彼は、その後の独り言を聞いていると





「いい先生」




と言いたかったらしい。





それはそれで嬉しかったけど





2歳児だからねw・・・





さて、




もう上着が要らない時期に突入しましたよ~




夏がきますよ~~





アンダー主催の海にてバーべキュー





今年は7月連休の中日15日になりそうです~





本当なら2夜連続とかしたいけどねぇ。




その日誕生日の○つる君の誕生会(大台に乗ります。ひひひ)プラス




そのほかにも誕生日を迎えられる方達の誕生会も一緒にします。





今年こそはビーチバレー大会を決行したい。



でも、ポールをどう立てていいかわからないchateaumakiです・・・





今年は最後になるかもしれないし。





どっか~~~~~んと行きます!!!




今年こそは100人





めざせ100人!!!!





詳細がわかったらまたお知らせしま~す!!







Photo_78

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月12日 (木)

マキ豚ラーメン!!

Photo_77 マキ豚ラーメン!!





っと幼稚園の頃軽くひやかされていた私。





今でも思い出すだけで嫌だ。





世間一般にはこれは言葉によるいじめだったのかもしれない。




いかんせんB型の私は






そこまでショックをうけていなかったような気がする。





普通の賢い子なら登園拒否などしていたかもしれない。





そのへんボーっとしていたので、のんきに




私はなんでマキ豚ラーメンなんやろうか~と考えていた。




入園当時はまだぽっちゃりしていたから”豚”だったんだろう。




なるとのぐるぐるしたイメージと私の名前が”マキ”で・・・




あとは、豚だからラーメン!?




この頃は自分の名前が嫌いでしょうがなかった





まわりに”まき”とか”まきこ”とかいなかったから余計人と違うので





嫌だと印象づいたのかもしれない。





今となっては逆に、周りにおんなじ名前がいないから





専売特許みたくて気に入っている。





そして最近私は2つ”まきこ”を使い分ける。





ひとつは”真希子”もうひとつは”万希子”





父ちゃんの母ちゃんにつけてもらった名前だが、二つともちゃんとした私の名前。





お○い○家の初孫だった私にちゃんと名前をつけてあげたいと考えたうちの両親は




うちのじぃさま、ばぁさまに命名を依頼した。




姓名判断やらなんやらですべての幸運を担ぐように名付けられた”万希子”はすべて大吉で将来安泰の名前だった




鹿児島から電話でその名前を聞き、早速役所に届け出た父





その間違えに気づいたのは届けた後だった






そう、”真希子”と届けてしまったのだ





産まれた時から、とぅちゃんに人生狂わされっぱなし~っと笑うと






B型の父も笑っていた。






気になる運勢は





まぁ、良いらしいから安心した。






水難事故に気をつけなさいって。





サーフィンとか行って大丈夫っちゃろうか。





ってな訳で私は二つの名前を使い分ける。






二つもあって得した気分☆☆☆









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月11日 (水)

今という時代

Photo_76 ”ハロー”という言葉とともに





元気に教室に入ってくる小学1年生





首には”鍵っ子”のように携帯をぶらぶらさせている






まだ反抗期もむかえていないような中学1年生も







次、成績が上がったら携帯をかってもらうのだそう






まだまだ治安も良い日本でこんな小さな子供達が携帯を持つ必要はあるのだろうか





私が小学生の頃は、名札の中に





10円玉を一枚入れて行動し、なにかあったらそれで親に電話をすることになっていたけれども





その10円玉はあまりに使われることがなく






名札の中は真っ黒になっていたのに。









習い事が終わるとプルプルとその携帯はなり






親はすぐ外でまってると子に告げる






???






”今の時代の子供同士のコミュニケーションの手段として・・・”




”口で言いにくいことが親子で言えるから・・・”






だから、自分の主張が出来ない日本人が育っていると思うのは私だけだろうか。






習い事にはチャリをかっ飛ばして行き






遊びには○○ちゃんと○○へ行って門限までには帰ると親とルールを決めて行動していた我々。






必要最低限言えばいいんじゃないの??





安全のために・・・とか





だいたいが自分の安全は自分で守るようにしつけられてないけん






携帯をもっとろうがもっとらんめーが





犯罪に巻き込まれる時は巻き込まれとーやん。





近くの山に洞窟つくりにいったり






その中のごみばこ(泥と石で作成)にチョコレートのラッピングのごみ捨てて、






家に帰って親におこられ、ビニール袋もってごみ撤収しにいかされたり(ゴミ箱に捨てた感覚で自然に堂々とごみ捨てていた)





公園の角を勝手にトイレスペースにして





葉っぱをティッシュ代わりに使用して暗くなるまで外で遊んだりせな







地に足つけて遊ばな





子供はまっすぐ育たんと思うのは






私だけか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまりにも

更新しなさすぎて






自分のブログのタイトルを







一瞬考えてしまった・・・





いかがわしいコメントも





そのおかげで○千にもなってるし







定期的にチェックしてくれている皆様






すんません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »